2013年08月13日

コミックマーケット84の謝辞諸々

8月11日、予定通り"4番ぴっと"初の同人誌、「45 〜13年間の軌跡〜」を頒布させて頂きました。
お買い求め頂いた皆様、本当にありがとうございました。感謝の意を申し上げます。

0811w42a.jpg

頒布数は45部予定でしたが、当日は32部捌くことが出来ました。予定数完売には達しませんでしたが、正直なところ20部も出れば御の字だと思っていたところに30部超えの数字が出て来たので、集計した時には驚きました。

初の出版ということで、若干ながら体裁が整っていない部分もあり恐縮なのですが、中身は如何ほどのものでしたでしょうか。
この本は、集大成でした。
これまでの45(1)への思い入れ、件の"45(1)"消滅のショック、憤怒、その他の交じり合った行き場のない感情が、不思議なことに1冊の本に変換されていました。

この本を期に、運用の世界へ踏み込む方が増えたら嬉しいな、と思います。
また、既に運用の世界へのめり込んでいる方は、更に深い所へと沈んでいって頂ければ、とも思います。
ともかく、この本が何らかのアクションを起こすきっかけになれば幸いです。

改めまして、本の制作・頒布協力を頂いた方々、そしてご購入して頂いた皆様に感謝申し上げます。







最後に告知を。
次回作は「京急新1000形アルミ車」の本になります。多分。

2100形の更新工事が始まり、いよいよ数年後に迫った新1000形の更新工事。
また、消滅が既に予告されている独SIEMENS社製の各種機器。
今の形態の"新1000形アルミ車"は、数年後に消滅するのが目に見えています。
そしてその時、"あの頃の新1000形"はただの"記憶の欠片"へと変貌します。
例えば、"シーメンスGTOの音"のように有名なものは、永遠に語り継がれることでしょう。でも、殆どの人にとって"些細なこと"であるような資料はきっと殆ど残りません。
皆さんは3次車が登場当時幕車であったことをまだ覚えていますか?
1・2次車の運転台に謎の数字が記載されていることをご存知ですか?
今のIT社会、当時の実車資料は散逸的に至る所にあります。しかし、Webページにも終わりはあります。現に、昔存在していた数多の京急系ファンサイトは殆どが消えてしまいました。

ならば、今の姿を精一杯記録して、一冊の本に仕上げて記録に残そうと思う所存です。
今回制作の"45"の本も、当時の事実を詳細に記録した、メモリアル本でした。
また、私事ながら一度本を出したことで、同人誌制作の沼へ嵌ってしまったせいでもあります。

こちらの本が世に出回るのは、恐らくC86かC87の頃になると思います。
それではまた、その頃にでも。
気づいたらステンレスも含まれてるかもしれませんが。

(2013.08.13 某氏)
posted by kk64 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。